スポーツベッティングの資金管理 101

online sports betting money management

資金管理はおそらく、スポーツベッティングで一番大事な側面。それなのに多くのすばらしいハンディキャッパーは、ひどい資金管理テクニックの結果として、あっという間に資金がなくなるのを見ることがあります。
ここでは資金管理の基本… 基本原理を理解して執着していれば、こういったパラメーター内なら大丈夫であるというさまざまな詳細について紹介します。

1) バンクロール:あなたの「バンクロール」は1年を通じて取り組むと決めた(シーズン前に)金額のことです。これは、損失を受け入れることができる金額を表します。利益を得るために、リスクを負うことができ、ひどい場合には失うことがあって、失ったものを利用することはできません。

2) ユニット:所定のスポーツシーズンの始め (カレッジフットボールのような)には、バンクロールの5~10%の間の「ユニット」金額を決定すべきです。バンクロールはシーズン始めに決定される固定金額であることを覚えておいてください。勝ち負けによって変動するものではありません。時々2ユニットのプレイをすることは良いのですが、5ユニットとか10ユニットでプレイをするクレイジーなことはやめるべきです。これでは目的に挫折してしまいます。ですから、シーズン開始のバンクロールが¥10,000であれば、ユニット金額は¥500~¥1,000に設定すべきです。これは、シーズン全体のユニット金額として残ります。成功によってユニットサイズを上げる人が多くいますが、選択する長期的な成功率を持っていても、利益を相殺する設定をしていることを理解していません。¥1,000で開始して、¥500プレイで10-0に進めば¥15,000あることになります。次の週にユニットを¥750にアップして (5%をベースに)、2-8に進んだら¥5,100失います (10% vigを利用)。ですから、ただ12-8に進んで、バンクロールを¥10,000から¥9,900に減らすだけです。いつも言いたいことなのですが、最初の成功をベースにバンクロールを上げるプレーヤーはだんだん賭ける最大のベットを失います。

3) リスク:所定の日/週末/週に合計バンクロールの25~50%の間で「リスクを負う」だけにするべきです。基本的には所定のローテーションは、バンクロールの50%以上を出すべきではありません。¥10,000のバンクロールでは、5%のユニット (¥500)で、ひとつのカードで最大10ゲームにベットするだけにします。ひどい週末に、ひとつのひどい外出で全資産にお別れしたくないと思います。

このガイドラインに従えば、スポーツベッティングを強いベットにすることができます。そして多くの節操のないハンディキャッパーが陥る地雷を減らすことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *