online sports betting money management

スポーツベッティングの資金管理 101

スポーツベットベッティング

資金管理はおそらく、スポーツベッティングで一番大事な側面。それなのに多くのすばらしいハンディキャッパーは、ひどい資金管理テクニックの結果として、あっという間に資金がなくなるのを見ることがあります。 ここでは資金管理の基本… 基本原理を理解して執着していれば、こういったパラメーター内なら大丈夫であるというさまざまな詳細について紹介します。 1) バンクロール:あなたの「バンクロール」は1年を通じて取り組むと決めた(シーズン前に)金額のことです。これは、損失を受け入れることができる金額を表します。利益を得るために、リスクを負うことができ、ひどい場合には失うことがあって、失ったものを利用することはできません。 2) ユニット:所定のスポーツシーズンの始め (カレッジフットボールのような)には、バンクロールの5~10%の間の「ユニット」金額を決定すべきです。バンクロールはシーズン始めに決定される固定金額であることを覚えておいてください。勝ち負けによって変動するものではありません。時々2ユニットのプレイをすることは良いのですが、5ユニットとか10ユニットでプレイをするクレイジーなことはやめるべきです。これでは目的に挫折してしまいます。ですから、シーズン開始のバンクロールが¥10,000であれば、ユニット金額は¥500~¥1,000に設定すべきです。これは、シーズン全体のユニット金額として残ります。成功によってユニットサイズを上げる人が多くいますが、選択する長期的な成功率を持っていても、利益を相殺する設定をしていることを理解していません。¥1,000で開始して、¥500プレイで10-0に進めば¥15,000あることになります。次の週にユニットを¥750にアップして (5%をベースに)、2-8に進んだら¥5,100失います (10% vigを利用)。ですから、ただ12-8に進んで、バンクロールを¥10,000から¥9,900に減らすだけです。いつも言いたいことなのですが、最初の成功をベースにバンクロールを上げるプレーヤーはだんだん賭ける最大のベットを失います。 3) リスク:所定の日/週末/週に合計バンクロールの25~50%の間で「リスクを負う」だけにするべきです。基本的には所定のローテーションは、バンクロールの50%以上を出すべきではありません。¥10,000のバンクロールでは、5%のユニット (¥500)で、ひとつのカードで最大10ゲームにベットするだけにします。ひどい週末に、ひとつのひどい外出で全資産にお別れしたくないと思います。 このガイドラインに従えば、スポーツベッティングを強いベットにすることができます。そして多くの節操のないハンディキャッパーが陥る地雷を減らすことができるのです。

sports betting for beginners

初心者向けのスポーツベッティング ― 数字を理解する

スポーツベットベッティング

世界でスポーツほど人気なものはありません。どの文化でもスポーツは私たちのアイデンティティの主な部分です。スポーツは私たちを結束させたり、興奮させる力があり、一部のファンのために、お金を獲得するチャンスも提供しています。 話しているお金のことは、もちろんスポーツベッティングのこと。スポーツの賭けは、世界各地の国々の昔ながらの伝統です。賭けている方のチームが勝ったらビールをおごってもらうようなシンプルなものから、複雑なものまでさまざまです。 この記事では、スポーツベッティングを始めたばかりの人のためにコツや情報を紹介します。今すぐエキスパートのパンターになれるわけではありませんが、定期的に賭けを開始する前に、読んでしっかりとした基盤を築くために価値があります。 初心者向けのスポーツベッティングのコツ  まずはともあれ、バンクロールについて話しましょう。プレイするお金のことになると、始めたばかりのスポーツパンターにはチンプンカンプンです。始めたばかりの時には、予算に気をつけましょう。失ってもいい金額以上は賭けないこと。1日でも1シーズンでもそれは同じです。スポーツベッティングに馴染むためには少なくとも1シーズン必要です。それまでは金額は控えめにしましょう。では小さく開始しますよ! 数字を理解する スポーツブックやオッズをする事業は、あなたのお金を受け取って勝利のベットに支払い、ベッティング情報を提示する最に特定のレイアウトを使用します。すべてのブックは、同時にこの情報を維持するので、あなたがスポーツベッティングで数字を読むことを学んで、どんなブックでもベットすることができます。 チームスポーツでは、すべてのベットは¥100をベースにレイアウトされます。金額の前にマイナスがある場合には、賭けるチームが勝つ場合に¥100獲得ためのベットしなければいけない金額です。ですからライン(金額)は-170と読むことができます。これは、¥100円獲得するためには、¥170払わなければならないということです (そしてもちろんあなたがベットしたチームが勝たなければなりません)。 金額の前にプラスがある場合には、¥100ベットして勝てる金額を表しています。チームに+110でベットすると、¥100のベットごとに¥110獲得するということです。 優勢とは? 上記で使用する例では、優勢のチームには前にマイナスがついています。スポーツベッティングの新米の人たちは、優勢のことになるとほとんどが共通のミスを犯します: 「優勢」(フェブライト)を信じることは、勝利のチャンスを表します:優勢として記載されているチームを持つことは、必ずしもそのチームがより良いチームという意味ではありません。そのチームに賭けている人の方が多いという意味です。相手のチームは「劣勢」(アンダードッグ)として知られています。 優勢を選択する:新米スポーツベッターのほとんど全員の人が頭ではなく、心に従ってベッティングのミスを犯します。好きなチームがいる時には、そのチームに関係するゲームには絶対にベットしないのがベストです。 スポーツベッティングでは、優勢にベットする方にもっとお金がかかります。これは、スポーツブックがアクションのバランスを取りたい、または人々に両者にベットしてほしいからです。このようにして、スポーツブックはもっとお金を稼ぐようにします。